任意整理とはどのようなものか?

債務整理には複数の方法があります

借りたお金は返すのが原則ですが、どう頑張ってみても絶対にお金を返せない状態に陥ってしまうことがあります。
そのような場合、借金を踏み倒して夜逃げするという方法を取る人がいますが、それは正しい方法ではありません。
借金返済の苦しみから合法的に解放される仕組みが、ちゃんと用意されています。
その方法を債務整理と呼ぶのですが、債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの種類があります。

一番よく利用されているのは、任意整理です

任意整理とは、文字通り、債務整理を任意の方法で行うことです。
簡単に言ってしまうと、債権者と債務者の話し合いによって借金問題を解決する方法です。
裁判所を介さない方法であるため、手続きを早く進めることができるというメリットがあります。
また、他の方法を取る場合に比べると、手続き費用を安くあげられる可能性が高いです。
ただし、個人が金融機関に借金減額の相談をしに行ったところで、まともに取り合ってもらえないのが普通です。
ですので、司法書士や弁護士などの専門家に手続きを代行してもらう方がよいです。

過払い金の存在が発覚するケース

 この任意整理の手続きを進めていく中で、過払い金の存在が判明するケースがよくあります。
過払い金というのは、法的根拠がないのにも関わらず支払われていたお金のことを指しています。
ここ数年、過払い金のことがよく話題になっていますが、貸金業法が改正された結果、消費者金融から過払い金を返してもらう権利を持つ人が大勢生まれました。
また、過払い金は発生していなくても、借金総額を縮小してもらえ人もたくさんいます。
そのため、多くの人が司法書士事務所や弁護士事務所を訪れて、過払い金返還請求の手続きを依頼しています。
任意に借金を整理するのが一番便利かつ簡単な方法であるため、この方法を取る人がたくさん存在しています。