借金免除ができる自己破産とは?

自己破産のイメージと実態

ローストビーフ自己破産と聞くと、ドラマなどで家具やなどに差し押さえのシールが貼られていて、家にも入ることができなくなっている、家族が路頭に迷っているシーンなどが描かれているために、どうしても人生終わったといったイメージがあるかたが多いかと思われます。
しかし実際のところ、自己破産はそのような不幸なものではありません。
自己破産とは今後の人生を前向きに生きていくためにも、借金で苦しんでいる人たちを救うための制度なのです。
もしこの制度がなかったら、借金を苦にして自殺をしていく人が後を絶たないかもしれないのです。

自己破産で借金免除の手続きが可能

基本的に自己破産制度は、借金をゼロにして再スタートさせる制度です。
自己破産をすることでどのようなメリットがあるかについては、支払い義務がなくなることにより毎月の収入がすべて自分のために使うことができるようになります。
そして債権者からの督促もなくなりますので、督促電話に悩まされず精神的な負担が改称されます。

自己破産は裁判所が認定する

借金がゼロになるのであれば、支払わなくてもいいということになります。
そのため借金に悩む多重債務者の中には気軽に申請してみようかな、と考える人がいます。
しかし自己破産は誰でもできることではなく、支払い不能であると裁判所に認めてもらって初めて可能となります。

自己破産手続きの判定基準

裁判所に支払不能と認めてもらうには、支払時期が到来しているにもかかわらず継続的に支払いをすることができなくなっていること、自己保有の財産を処分しても、将来の収入から考えても、到底完済をすることが難しい上京であること。
このように判断された場合にのみ初めて認めてもらうことができます。

自己破産が認められない場合もある

ただし、借金が膨れ上がった理由がギャンブルに使った趣味や嗜好品購入に使って借金がどんどん増えていったという場合には支払い不能を認めてもらうことができないです。
カードローンやキャッシングなどでの借入は支払い不能と認めてもらうことができますが、住宅ローンに関しては返済免除とすることができません。ご注意下さい。