債務整理の特定調停とはなにか?

出費を小さく出来る特定調停

コーンポタージュ返済プランが行き詰まった時は、業者とユーザーは話し合いの機会が必要になります。
業者はリスクを一方的に背負っている状態なので、リターンを得る見通しを立てなければならないからです。
ユーザー側は業者の申し出に対して応える事を義務付けられています。
しかし話し合いの内容次第では決裂してしまう事もあるのです。

お金が無い債務者から安定して返済してもらうための話し合い

無い袖は振れないという言葉があるように、お金を準備出来なければ返済が進む事はありません。
そしてユーザー側の信用が足りなければ、民間の消費者金融から融資を受ける事は不可能です。
だから妥協するポイントを探り合うための話し合いが重要になります。
妥協点を見つける事が出来れば、ユーザー側が現実的な返済プランを提示して業者側は最低限のリターンを確保出来るのです。

特定調停は弁護士に依頼しない解決方法

その時の話し合いは法律が関わってくるので、ユーザー側は法律に精通した人材を準備しなければなりません。
しかし弁護士に依頼して話し合いに参加させる場合には出費を求められます。
お金が無い事に苦労している状態であれば、弁護士の有償サービスを利用したくないと考えるのは当然です。
だから資金力に難のある消費者金融のユーザーのため、特定調停と呼ばれる方法が存在しています。

家庭裁判所での調停手続き

特定調停は必要書類を準備し提出する事で、極めて安価で解決策を模索出来るというものです。
書類の提出先は家庭裁判所になります。
書類が受理されると家庭裁判所とお金を貸した業者が話し合う事になるのです。
家庭裁判所の人員は法律に精通しているため、弁護士を雇用する必要がありません。
だからユーザー側が準備すべき資金を軽減出来ます。
ただし特定調停が実現するまでは時間を要するので、早急な解決を望む場合には用いる事が難しい手段です。