債務整理の1つ個人再生とは?

個人再生は債務総額を大幅に減らす

フォアグラ個人再生とは、債務の負担をなくす、もしくは軽減させる手段、債務整理の1つです。
特徴として挙げられるのは、すべての債務が免責されるわけではないのですが、債務の額を大幅に減額させることが可能なことです。
一般的には5分の1程度に債務を免責させることができます。
そして、住宅等の財産を残せる可能性があることも特徴の1つに数えられます。

裁判所が介入する返済手続き

個人再生は、裁判所の介入がある債務整理です。
裁判所に申請し、裁判所に認められれば利用可能となります。
何を申請するのかというと、主として返済計画となります。
債務が免責されるわけではありませんから、返済計画が必要となるわけです。
言い換えれば、安定した収入がなければ、利用できないということになります。
また、申請前の状況において、返済不能になる恐れがない場合は利用できないことにもなっています。
裁判所が認められ、利用できれば債務の負担は軽減されることになりますが、新たな問題も生じてしまいます。

個人再生のデメリット

まず、挙げられるのが、ブラックリストに名を連ねてしまうことです。
ブラックリストというリストは実際には存在していないのですが、ローンを組んだりカードを作ったりすると顧客情報が信用情報機関に登録されることとなります。
その情報に基づいて金融機関はサービスの提供を判断するのですが、何らかのトラブルを起こしてしまうと、当然、ネガティブな情報が記載されます。
それが、俗にいうブラックリストに名を連ねるというです。
ですから、ローンを組むことや借入すること、カードを使用することができなくなってしまいます。
また、国は官報という機関紙を刊行しているのですが、その官報に住所氏名に記載されてしまいます。
ですから、個人再生をした事実が、世間に知られてしまう可能性があります。