多重債務の相談は、司法書士よりも弁護士がおすすめ

多重債務者は一刻も早く債務整理を

多重債務とは、クレジット会社や銀行、消費者金融などの複数の貸金業者からお金を借り、返済のめどが立たない人のことです。
借金の返済が困難になると、家や会社に督促の通知や電話が来て気が休まらなかったり、人生の先行きを明るく見ることができなくなってきます。
そんな人は、債務整理を行うことをおすすめします。

債務整理を行うことで返済の負担が軽減されます

職業の制限などがありますが、今の借金の督促が止まったり、毎月の返済額が減額になることがあります。
また、長年消費者金融への返済を行っている場合は、支払いすぎていた利息を過払い金という形で取り返し、場合によっては借金がなくなる可能性もあります。

債務整理はプロに任せるのが安心

債務整理は自分でも行うことができますが、資料を揃えたり貸金業者との交渉をすべて自分で行わなければなりません。
その結果、交渉が不利になることもあります。
また、自分で交渉を債務整理を行う場合には、借金の督促は止まらない場合があります。
費用はかかりますが、その道のプロである弁護士か司法書士にお任せするのが安心です。

債務整理は弁護士か司法書士に依頼

債務整理を行ってくれる弁護士と司法書士。
両者にはどのような違いがあるのでしょうか。
費用の面で見ると、司法書士のほうが若干安いようです。
また、弁護士よりも相談しやすい雰囲気もあります。
しかし、実際には債務整理は弁護士に頼んでしまった方が良い場合のほうが多いです。

司法書士よりも弁護士の方が応用が利きます

借金と過払い金の総額が140万円を超える場合には、司法書士は対応ができないことになっています。
もし途中で総額が140万円を超える場合には、司法書士を解任して新たに弁護士を探さねばなりません。
また、債務整理は裁判です。
司法書士にはできませんが、法律のプロの弁護士ならあなたの代わりに最高裁判所まで代理人を務めることが可能なのです。
複雑な案件だったり借金の総額が多い場合は、最初から弁護士にお願いしてしまいましょう。
今は司法書士も弁護士も無料の相談会を開いていますから、まずは相談からスタートしてみてください。