おまとめローンから初めての債務整理依頼まで初心者のために解説します

多重債務問題は弁護士に依頼することで解決できます

債務整理は弁護士に依頼しましょう

チキンの料理借金の返済に困っている、返済期日を過ぎて支払いが滞っている、毎日消費者金融からの督促に悩んでいるのであれば、このような借金を法的に解決する方法として債務整理があります。
個人で行うこともできるのですが、大抵が弁護士のいる法律事務所に相談をして、着手してもらいます。

法律事務所に依頼することでのメリット

法律事務所に、借金相談をするメリットは、お金のことは人に頼れず自分でどうにかしなければならない、身内や親せきに話すと関係がこじれてしまうから話すことができない、といったことで自分にプレッシャーをかけてしまいます。
それを法律事務所に相談することで、悩みを聞いてもらえるだけでも精神的に少し楽になれます。

依頼後の手続きと督促の停止

そして、正式に受任することになりますと債権者に対して相談者の借り入れについて介入しますという受任通知を発送します。
この通知の効果は、債務者の代理人となりました、今後債務者の借入のことに関しては法律事務所を通してからという通知になります。
つまり、債権者は直接債務者に対して督促行為をすることができなくなりますので、毎日かかってきた督促の電話を止めることができます。

債務整理で借金の総額も少なくなります

そして、債務整理は借金の額を減額させる可能性があります。
どのくらい減額ができるかですが、それは過払い金が発生しているかしていないかが大きく影響してきます。
2010年から新金利となっていますが、各貸金業者は前倒して改正される1年から2年前から法律に対応した金利となっています。
つまり2008年か2009以前から契約されている方は減額ができる可能性がありますが、それ以降の金利での契約となると過払い金が発生していないわけです。
だからといって減額できないわけではなく、将来発生する金利はカットできますし個人再生で減額もできます。
このホームページでは債務整理の方法から多重債務者の問題まで幅広くキャッシングの問題を取り扱っていきます。

新しい債務整理記事